スポンサーリンク

GASで曜日の表示をする

Google App Script(GAS)で、曜日の表示をするスクリプトです。

日付フォーマットを使用しても英語表記になるため、配列を使用して簡単に取得をできるようにしています。

スクリプト

/**
 * 曜日の表示
 */
function sample_show_week() {
  
  // 曜日の配列
  const week_list = new Array('日', '月', '火', '水', '木', '金', '土');
  
  const d = new Date();
  
  // 曜日を表す数値
  const weekNum = d.getDay();
  
  // 曜日取得
  const week = week_list[weekNum];
  
  Logger.log(`${week}曜日`);
}

解説

  • 「日」〜「土」までの配列を準備しておきます。(7行目)
  • getDay()」メソッドを利用することで、0〜6の曜日を表す数字を返却します。(12行目)
  • 曜日を示す数字で配列から曜日の文字列を取得します。(15行目)

おまけ

以下のようなメソッドを作っておくと、簡単に文字列にすることができます。

/**
 * 曜日(日、月、火、水、木、金、土)を返却します。
 * @param {object} 日付
 * @return {string} 曜日(日、月、火、水、木、金、土)
 */
function getWeekStr(d) {
  // 曜日の配列
  const week_list = new Array('日', '月', '火', '水', '木', '金', '土');
  // 曜日を返却
  return week_list[d.getDay()];
}
スポンサーリンク
レンタルサーバー
おすすめの記事