スポンサーリンク

セルの範囲を取得

Google App Script(GAS)でセルの範囲を取得する構文です。

構文

Sheetオブジェクト.getRange(a1Notation)

引数

引数説明
a1NotationStringR1C1形式(例:A1)

戻り値

Range

サンプル

function sample() {

  // アクティブなスプレッドシートを取得
  const spreadSheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

  // 指定したシートの取得
  const sheet = spreadSheet.getSheetByName("シート1");

  // 範囲の取得 A1
  const range1 = sheet.getRange('A1');

  Logger.log(range1);

  // 範囲の取得 A1:A3
  const range2 = sheet.getRange('A1:A3');

  Logger.log(range2);

  // 範囲の取得 A1:C3
  const range3 = sheet.getRange('A1:C3');

  Logger.log(range3);

  // 範囲の取得 シート1!A1:C3
  const range4 = sheet.getRange('シート1!A1:C3');

  Logger.log(range4);
}

解説

R1C1形式で範囲を取得することができます。一つのセル以外にも複数セル、シート名を指定しても範囲を取得することが可能です。

開始行、開始列、行数、列数を指定して範囲を取得する場合は以下を参照してください。

R1C1形式のアドレスを取得する方法は以下を参照してください。

スポンサーリンク
おすすめの記事