スポンサーリンク

セルのコピー

Google App Script(GAS)でセルのコピーをする構文です。

構文

Rangeオブジェクト.copyTo(destination)

Rangeオブジェクト.copyTo(destination, option)

引数

引数説明
destinationRangeコピー先のセル範囲
optionObject詳細パラメータ
(詳細は以下の詳細パラメータ参照)

詳細パラメーター

引数説明
formatOnlybooleanフォーマットのみコピー
contentsOnlyboolean値のみをコピー

戻り値

なし

サンプル

function sample() {
  // アクティブなスプレッドシートを取得
  const spreadSheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

  // アクティブなシートを取得
  const sheet = spreadSheet.getActiveSheet();

  // コピー先のシートを取得
  const copySheet = spreadSheet.getSheetByName("シート2");

  /**
   * コピー(詳細パラメータなし)
   */
  // コピー先のセルを取得
  const copyCell_1 = copySheet.getRange("A1");
  // セルをコピー
  const cell_1 = sheet.getRange("A1").copyTo(copyCell_1);

  /**
   * コピー(詳細パラメータにフォーマットのみを設定)
   */
  // コピー先のセルを取得
  const copyCell_2 = copySheet.getRange("B1");
  // セルをコピー(フォーマットのみ)
  const cell_2 = sheet.getRange("B1").copyTo(copyCell_2, { formatOnly: true });

  /**
   * コピー(詳細パラメータに値のみを設定)
   */
  // コピー先のセルを取得
  const copyCell_3 = copySheet.getRange("C1");
  // セルをコピー(値のみ)
  const cell_3 = sheet.getRange("C1").copyTo(copyCell_3, { contentsOnly: true });
}

解説

セルのコピーを行う方法です。詳細パラメーターを使用することで、フォーマットのみのコピー、値のみのコピーができます。

セルの範囲を取得する方法は以下を参照してください。

スポンサーリンク
おすすめの記事