スポンサーリンク

エクセルで1行または1列おきの合計を求める方法

エクセルで、1行おき、1列おきの合計を求めたい場合、参照先のセルが少ない場合はsum関数を使用して、「=sum(A1,A3,A5,・・・)」のように記述ができますが、参照先が多い場合は大変なので、便利な書き方です。

基本となる書き方

範囲内の合計を求めることができる、SUMPRODUCT関数を使用します。

範囲内に文字列がある場合はエラーになるので使用をする際には注意をしてください。

1行おきの合計を求める場合

=SUMPRODUCT((MOD(ROW(範囲),除数)=位置)*範囲)

範囲には、合計を求めたい範囲を設定します。

除数には、"2″を設定します。ちなみに、2行おきの場合は"3″を設定します。

位置には、奇数行を計算したい場合は"1″を、偶数行を計算したい場合は"0″を設定します。

1列おきの合計を求める場合

=SUMPRODUCT((MOD(COLUMN(範囲),除数)=位置)*範囲)

範囲には、合計を求めたい範囲を設定します。

除数には、"2″を設定します。ちなみに、2列おきの場合は"3″を設定します。

位置には、奇数列を計算したい場合は"1″を、偶数列を計算したい場合は"0″を設定します。

スポンサーリンク

1行おき(奇数行)の合計を求める場合の例

数式

=SUMPRODUCT((MOD(ROW(A1:A10),2)=1)*A1:A10)

1行おき(偶数行)の合計を求める場合の例

数式

=SUMPRODUCT((MOD(ROW(A1:A10),2)=0)*A1:A10)

1列おき(奇数列)の合計を求める場合の例

数式

=SUMPRODUCT((MOD(COLUMN(A1:J1),2)=1)*A1:J1)

1列おき(偶数列)の合計を求める場合の例

数式

=SUMPRODUCT((MOD(COLUMN(A1:J1),2)=0)*A1:J1)

リンク

スポンサーリンク
レンタルサーバー
おすすめの記事