スポンサーリンク

エクセルで年齢や期間を求める場合は、「DATEDIF関数」を使用すると簡単に求めることができます。
読み方は「デイトディフ関数」と読みます。

「DATEDIF関数」を使用する方法

構文

DATEDIF(開始日,終了日,単位)

単位

単位戻り値
"Y"期間の年数
"M"期間の月数
"D"期間の日数
"MD"開始日から終了日までの日数
月数と年数は無視されます。
公式では制限事項があるため使用はお勧めしないとなっています。
"YM"開始月から終了月までの月数
日数と年数は無視されます。
"YD"開始日から終了日までの日数
年数は無視されます。

使用例

単位に"Y"を設定

以下のように、期間の年数を表示します。

単位に"M"を設定

以下のように期間の月数を表示します。

単位に"D"を設定

以下のように期間の日数を表示します。

単位に"MD"を設定

以下のように、年と月を無視した日数の期間を表示します。

単位に"YM"を設定

以下のように、年と日を無視した月数の期間を表示します。

単位に"YD"を設定

以下のように、年を無視した日数の期間を表示します。

スポンサーリンク
おすすめの記事