スポンサーリンク

エクセルで日付の期間から年数・月数・日数を計算

エクセルで年齢や期間を求める場合は、「DATEDIF関数」を使用すると簡単に求めることができます。
DATE(日付)+DIFF(差分)ですが、DATADIFと記載する関数です。
読み方は「デイトディフ関数」と読みます。

数式パレットからは出てこないので使いにくさがありますが、元々、「Lotus 1-2-3(ロータス ワン・ツー・スリー)」という、ロータスソフトウェア(今はIBM)で作られていた表計算ソフトとの互換性を持たせるために追加された関数となっています。

「DATEDIF関数」を使用する方法

書式

DATEDIF(開始日,終了日,単位)

開始日

期間の開始日を設定します。

終了日

期間の終了日を設定します。

単位

単位戻り値
"Y"期間の年数
"M"期間の月数
"D"期間の日数
"MD"開始日から終了日までの日数
月数と年数は無視されます。
公式では制限事項があるため使用はお勧めしないとなっています。
"YM"開始月から終了月までの月数
日数と年数は無視されます。
"YD"開始日から終了日までの日数
年数は無視されます。

使用例

ここでは、開始日を「A2」へ、終了日を「B2」へ設定してある前提で使用例を記載しています。

単位に"Y"を設定

=DATEDIF(A2,B2,"Y")

単位に"M"を設定

=DATEDIF(A2,B2,"M")

単位に"D"を設定

=DATEDIF(A2,B2,"D")

単位に"MD"を設定

=DATEDIF(A2,B2,"MD")
  • 公式では制限事項があるため使用はお勧めしないとなっていますので使用には注意してください。

単位に"YM"を設定

=DATEDIF(A2,B2,"YM")

単位に"YD"を設定

=DATEDIF(A2,B2,"YD")
スポンサーリンク

参考

スポンサーリンク
レンタルサーバー
おすすめの記事